ALL ONE株式会社|IPH工法|低圧注入|断面修復|コンクリート|東京|山口|オールワン

Company 会社概要

本社

設立

平成24年6月

資本金

10,000千円

代表取締役

廣 重幸

本社

山口県周南市大字久米1332番地1

TEL

0834-36-0203

FAX

0834-33-9801

建設業許可

山口県知事 許可(搬-24)第21022号

土木工事業 大工高事業 左官工事業

とび・土木工事業 石工事業 屋根工事業

タイル・れんが・ブロック工事業

管工事業 鋼構造物工事業 しゅんせつ工事業

板金工事業 ガラス工事業 塗装工事業

防水工事業 内装仕上工事業 熱絶縁工事業

建具工事業 水道施設工事業

営業内容

■土木・建築事業

コンクリート構造物補強・補修・メンテナンス

コンクリート構造物調査・診断

橋梁補修工事

港湾関連施設補修工事

防眩材取付工事

ダイヤモンドコア削孔工事

施工アンカー各種設計・施工・販売

産業廃棄物収集・運搬

■鉄鋼事業

プラント配管・設備配管工事施工・監理

鉄鋼○物の製作・取付・メンテナンス

グレーチング及び手摺製作・撤去・取付

■IPH推進事業

■加盟団体

一般社団法人IPH工法協会【HP】

中国コニシベステム工業会

PCM工法協会

東京本社

東京本店

〒103-0005

東京都中央区日本橋久松町10-10丸藤ビル

TEL

03-6240-9067

FAX

03-6240-9405

Company 設立趣旨

ALL ONE 株式会社は土木分野の総合メンテナンスをめざして設立しております。

その趣旨は従来より携わってきたコンクリート構造物の補修・補強の施行技術を更に伸ばし、
トータルとしての施工体制の確立、つまり調査・診断から補修・補強工事の施工、更に追跡調査や管理・保全までを目指すものです。
コンクリート構造物は、従来であればその寿命は50年と言われてきましたし、メンテナンスもその年数を目標に施行されてきました。
しかし社会資本である橋梁や道路、トンネル、また上下水道施設、学校、公営住宅等はその果たす役割は大きく、簡単に取り換えはできません。
それらの事より、重要なコンクリート構造物は永久構造物としてメンテナンスを考えるべきだと近年言われてきています。
その様な社会ニーズにいささかでも貢献、答えるべくALL ONE 株式会社は新しい素材・工法の取得・習得に努めます。
そして一本のクラックから始まるコンクリートの損傷に対して、どの様な補修、補強工法が最適であるかを判断する技術能力を培ってまいります。
現在当社が取り扱っている補修補強工法は、ひび割れの注入には、低圧注入工法を、断面修復には、ポリマーセメントモルタルを使用した、鉄筋防触、アルカリ付与、の後の欠損部の充填、梁、柱の補強には、補強計算により、方向や積層数が決められた、炭素繊維の貼付け、また地震の被害にあった橋梁には、低粘度エポキシ樹脂を低圧で構造物内部の微細なひび割れにも注入充填します。
更には、鉄鋼事業部では落橋防止関連のブラケット等の作成や亜鉛メッキにも対応致します。
 
このようにALL ONE 株式会社では、補修・補強のワンストップ会社を目指して、クラップ&ビルドではなく、地元に根ざした社会に優しい、地球に優しい総合メンテナンス会社として社会への貢献を目指します。

Technological qualification 技術資格

法令資格
法令資格
土木施工管理技士
1級土木施工管理技士
建設大臣
2級土木施工管理技士
建設施工管理技士
2級建築施工管理技士
国土交通大臣
建設施工管理技士
2級管工事施工管理技士
建設大臣
一級技能士
1級樹脂接着剤注入施工
厚生労働大臣
その他の資格
発行者
あと施工アンカー
あと施工アンカー1種施工士
日本建築あと施工アンカー協会
あと施工アンカー2種施工士
技能講習等
有機溶剤作業主任者
労働基準協会
足場組立作業主任者
労働災害防止協会
玉掛け
小型移動式クレーン運転
小型車輛系建設機械運転
地山掘削
高所作業車
労働基準協会
ガス溶接
土止め支保工作業主任者
労働災害防止協会
特別教育
第2種酸素欠乏危険作業主任者
労働災害防止協会
労働安全衛生法
労働基準協会
職長教育修了者
自由研削といし取替
労働基準協会
アーク溶接特別教育
ゴンドラ取扱作業
日本ゾビー(株)
石綿取扱作業
労働災害防止協会
講習
産業廃棄物収集
運搬処理講習
(財)日本産業廃棄物処理センター