ALL ONE株式会社|IPH工法|低圧注入|断面修復|コンクリート|東京|山口|オールワン

IPH Promotion Division IPH推進事業部

IPH推進事業部

コンクリート構造物は、地震という物理的な原因による被害や中性化・アルカリ骨材反応という科学的な原因により経年劣化し、破壊するまでその強度を減衰させていきます。その復旧の際には、大規模改修による莫大な費用を伴うにも関わらず、コンクリート構造体の強度回復までに至りません。
「IPH工法」は、既存のコンクリート構造体にダメージを与えることなく、従来の大規模改修に比べ工期・費用が軽減でき、構造体の補修・補強・止水対策(アル骨対策・防錆対策)等を一括して行う事が可能です。

IPH工法とは

IPH 【Inside Pressure Hardening 】の頭文字です。
日本語 【 内圧充填接合補強 】です。

経年劣化や地震などにより傷んだコンクリート構造物の「強度回復」「長寿命化」を実現する技術です。
従来の樹脂注入工法では、樹脂がコンクリートの表層部の修復に留まり、構造体内部の機能回復までは達する事が出来ません。
本工法は、コンクリート内部に存在する空気と注入樹脂を置換し、穿孔した穴の内部から放射状に拡散する事により、末端の微細クラックまで充填する事ができます。
鉄筋コンクリートの付着強度を高めるだけではなく、防錆効果も得られ、耐久性の向上につながる工法で、土木学会では技術評価を得ており、工法特許も取得しています。

IPH工法は、傷んだコンクリート構造物の「耐力回復」が目的です。 
即ち、「長寿命化」に大きく寄与する技術です。

便宜上、IPH工法は低圧樹脂注入のジャンルに区分されていますが、他の工法とはその目的が全く違います。 一般的に、低圧樹脂注入は、躯体内部に雨水が浸入しないように表面のクラックを塞ぐことを目的としていますが、当工法はコンクリート構造物を内部から接合補強し、躯体を一体化(健全化)させ、耐力を回復させることを目的とします。
独自開発の「穿孔」、「空気抜き」、「安定的な超低圧」、「低粘性樹脂」により、従来の低圧樹脂注入では不可能とされていた躯体表面から30cm以上(最大実値170cm)への注入や、0.1mm以下(最小実証値0.01mm)への注入を安定的に実現します。当工法は構造物内の空気(隙間)と樹脂を置換し、内部の微細部まで浸透させ、加圧状態で固化し、躯体を内部から接合補強(一体化)します。この注入により設計数値以上に耐力が回復することは土木学会で実証されました。また鉄筋周りも樹脂で被覆するので腐食進行を防ぎます。健全化された構造物はその結果として漏水も遮断します。

特徴

注入用のエポキシ樹脂が高流動であることから、建築改修工事共通仕様書で0.4N/㎟以下と 定められている注入圧力が0.06N/㎟の安定した低圧であり、毛細管現象も活用しながらより自然な注入ができます。
同上の要素から、構造物内部の微細クラックへの注入・充填も0.01mm幅迄可能です。
微細クラック末端への充填効果により、新設時の設計強度よりも部材の耐久性が向上することも期待されます。
微細部への充填効果から、構造物のみならず建築物の止水工法としても期待できます。
樹脂漏れ防止セメントペーストの配合成分が内部鉄筋まで確実に浸透し、鉄筋の防錆効果とコンクリートの再アルカリ化を図り、長期に亘り中性化抑制効果が持続します。二重のケア。
透明度の高いカプセルを使用しておりますので、注入状況や注入量が目視確認できます。

用途

 
 
  • 土木・建築あらゆる分野のコンクリートやモルタルの浮きひび割れ補修・補強及び止水。
    剥落防止対策。
  • コンクリート表面のひび割れ位置から樹脂を注入して、ひび割れたコンクリートを一体化し、耐久性を確保します。
  • バネ(スプリング)による低い圧力でゆるやかに注入します。
  • L型ジョイント併用により狭い場所でも施工が出来ます。

土木:ダム、堤防、トンネル、擁壁、橋梁、橋脚、床版、軌道、地下鉄
建築:住宅基礎、外壁、タイル下地、駐車場、ブロックのひび割れ


IPH工法 施工の流れ

1. 劣化・損傷調査 >
表面状態をDVRで研掃後、目視及び打音検査確認。狭小部・暗部はカメボーを使用し損傷を測定。

2. 調査表確定 >
ひび割れ及び断面欠損分布図を作成。

3. 施工計画書作成 >
工法の決定。材料及び設計量の決定。

4. 下地処理 >
ひび割れ周辺を研磨し、部を除去する。
欠損部の補修(モルタルによる整形)

5. 穿孔 >
必要注入カプセル取付け位置にマーキングを施しIPHミストダイヤで穴あけ。無振動低騒音型(深さ50mm程度)

6. 台座取付 >
注入台座を取付ける。漏水部には、ホルダー取付を行う。

7. ひび割れシール >
全てのひび割れ部と台座周りに、液漏れ防止のシールを施す。

8. エポキシ樹脂注入 >
IPHカプセルによる、エポキシ樹脂の注入。

9. 撤去・清掃 >
注入カプセル及び液漏れ防止シールを撤去。

10. 表面仕上げ >
無機系通気型橙水塗料等により仕上げ。

内圧充填接合補強工法

コンクリート構造物は、ただ劣化によるひび割れだけではなく、小さな地震の積み重ねにより深刻なダメージを受けています。

日本は地震大国だからです。
ただ、これらのコンクリート構造物を補修するだけでなく、補強を兼ねて補修するのが『IPH工法』です。